2005年09月22日

お手玉

手首の固い子や、手・指の機能を発達させるため
これからの寒い季節は、レッスンにきたときに、冷たくなっている手を
暖める効果もアリ!の便利レッスングッズです。



かなり大きなお手玉です。
右に置いているのはMDです。
これでだいたいの大きさがわかるでしょうか?


以前、HPにのせていたのですが
リニューアルしたときに、ページが消えていたので
またまたこちらで復活!


【使い方】

その1.

曲にあわせて、少し腕を伸ばし、横に手首のスナップを利かせて、
キャッチボールをします。

お手玉、手が上下になるとあまり効果はありません。
あくまで真横に投げるようにするのが良いようです。


その2.

片手で、上に投げて受け取る。


その3.

テーブルの上において、お手玉を上からぎゅっと掴んだりはなしたり。
手をグー・パーする感じです。


【お手玉の造り方】

用意するもの   
  17cm×8.5cmの布 4枚
  ポップコーン200グラム

作り方

1.下の写真のように風車の形にして縫い合わせます。(縫い代は5mm程度)
2.図にのっているように 隣り合わせの部分を順番に縫い合わせます。
3.中に乾燥したポップコーンを200グラムいれて出来上がり\(^o^)/ 




写真をみてもらったらわかると思いますが、
このお手玉はかなり大きいものです。

が、この大きさ、この200グラムという重さが、
小さな子供たちにも、鍵盤を押さえる時の腕や指の力の入れ方に
つながってくるそうです。

大きなお手玉を、曲に合わせて『握る』『投げる』『掴む』ことで 
身体のバランス感覚もつかもうという、便利なグッズです(^^)






【関連する記事】
posted by sakura at 08:02| Comment(6) | TrackBack(0) |  ├レッスングッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふむふむ。なるほどね〜ってでも…
作れるかなぁ?この私に…( -_-)
Posted by Azusa♪ at 2005年09月22日 10:11
>Azusa♪さん

これね、1つだけ作るのはと〜っても面倒なので、
4つ5つをまとめて、ミシンで「が〜〜〜〜〜!」って作るほうがラクチンですよん♪

直線縫いだけだから、大丈夫(^^)v
Posted by かめちゃん@管理人 at 2005年09月22日 10:21
お手玉の中に玄米をいれて、
「ダンベル体操」をするという
お年寄りのための
「玄米にぎにぎ体操」の講習を
受けたことがあります。
目的は、ピアノと違うけど
理論は、同じ。

おてだまって、意外に奥が深いものなのね〜〜と、感心(^^)
Posted by take1962 at 2005年09月23日 07:31
ふむふむ。とってもタメになります。
ポップコーンはうちにもある!

最近、うちの息子もピアノで遊ぶことが多くなってきました。
自分でフタを開けて、「電源いれろー」って泣くんですよ。^ ^;
Posted by リエ at 2005年09月23日 17:27
そういえば、小学生のころ、ピアノを習っていたとき、
最後に、先生とお手玉を投げ合っていたこと、
思い出しました。
手首のスナップをきかせた投げ方だったような・・・。
Posted by とも at 2005年09月24日 01:08
>たけさん
あっ!そうなんですよ!
このお手玉も、老人ホームとかで、1人歩きをはじめているって聞きました。
ポップコーンをいれるのは、ムシがこないからだそうです。

指先に刺激をあたえるのが、良いらしいですね〜。


>リエさん
わぉ〜!息子ちゃん、ピアノで遊んでいるんだ〜♪
お手玉でニギニギするのも楽しいかもですね〜。


>ともちゃん
そうなんだ〜!
私はね、レッスンの一番はじめに使っています。
まずは、指、手をほぐす体操〜♪
な〜んて言いながら・・・(^^)

手首のために、スナップをきかせるのがミソなのよ。
Posted by かめちゃん@管理人 at 2005年09月24日 01:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。