2006年01月11日

仕上げの目標は?

導入期のレッスンでの曲の仕上がりは、
まず、きっちりと弾けていることなんだけど

ある程度、進んでくると
音が間違っていないとか、それなりのテンポで弾けているとか
曲想をつけて弾けているとか

こちらの要求は高くなってきます。


だって、いつまでも音が間違っていないからヨシでは困るよね?

楽譜の音をなぞるだけではなく、
その曲に対して、どれだけの思い入れを持って弾いてくれるか とか
曲に対して、自分から追求していってほしい と、思うから。


その良い機会が、発表会やコンクールなんだけど、
去年は発表会ができなかったので、
普段のレッスンの中で、じっくり曲をつき詰めていくレッスンを
しています。


でも、その子によって違うけれど、

曲を深く追求してほしい

と、思っても

・音があってるやん
・テンポも速くして弾けてるやん
・強弱、そこそこつけたで

それやのに、何があかんの?


と、思う子も中にはいます。


うまく言葉で言えないんだけど、
表面的な部分だけではなく、
曲の中の「ためる部分」とか「流す部分」とか
そんなメリハリをつける勉強を、もっとしてほしいんですよね。


1曲に何週間(または、何ヵ月)かかってるから、もう○にしてよ

みたいな感じで、妥協はしたくないんです。


曲を持っている期間じゃないんです。
あと一歩の「なにか」をつかんでほしいんです。


って思うのは、要求が高いのかなぁ・・・。


posted by sakura at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) |  ├レッスンのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わかるわかる・・・・
いつもその部分で葛藤している。

導入から初級のころに、音の響きを聞く事の大切さを身につけさせたいけど・・・
難しいよ〜〜〜〜
Posted by ばっは at 2006年01月13日 10:59
>ばっはさん

そうなんです!
できるだけ、導入期に音の響きとか、聴くことを意識させるようにしているんだけど・・・。

器用に弾いちゃう子て、スイスイ進むんだけど、曲が難しくなってきたら
壁にぶつかって、ここを乗り越えるのがちょっと大変ですね。

今までのように、進まなくなってきたとき、
その子の中で、どう消化しているのか。

がんばってほしいと思っています〜。

Posted by かめちゃん@管理人 at 2006年01月13日 23:04
わかる!
私も・・・・・
どこで○にするか、ホントに悩みます。

この前もレッスンについてきてるお母さんが・・・・
『あ〜あ!今日も○にならなかった』と。
そうじゃないんだよね〜と思ったところだったの。
理解してほしいのはお母さんだったりするかも・・・です。
Posted by ばった at 2006年01月13日 23:25
>ばったさん

それ、私もあります!
○しなかったらね、
「お母さんに怒られる〜」って言う生徒ちゃんがいるの(^^;)

いや、今、この状態で○はないでしょう。

先に進むだけではないものがあるってことを
わかっていただくのは、とっても難しいですよね〜。

でも、それを伝えていかないといけないのよね(^^)
Posted by かめちゃん@管理人 at 2006年01月13日 23:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。